早坂菊子先生のどもり改善術

どもりを克服したいと思いませんか。
吃音があるために、電話が来るのが怖かったり、人そのものを避けてしまう。そういった悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。


吃りはそれを気にすればするほどひどくなる傾向があります。
しかし、過去の失敗や経験から苦い思い出があり、それがトラウマとなっているケースも少なくありません。
このプログラムを監修しているのが早坂菊子先生です。


早坂先生は言語聴覚士や教育学博士といった資格を持っていて、筑波大学助教授や広島大学教授などを歴任された方です。
吃音については第一人者といえます。いわば吃り改善のプロです。
吃音については医学の分野でもまだわからない事が多く、100%どもりを治すことは出来ないそうです。


そこで早坂先生は提唱しています。どもりを治すのではなく、どもりの苦しみから解放される事を目指したのがこの教材です。
薬を飲んだり、メンタルトレーニングをしたりするのとは違います。
内容はDVDになっていてそれを見ながら吃音の苦しみから解放される方法を学べるというものです。

↓詳しくは下のリンクをクリックして下さい↓

■ 早坂式吃音(どもり)改善術、詳細はココをクリック<<


どもりは吃音症などとも呼ばれていてかなり多くの方が悩んで居ます。

友人にも吃音症の人が居て、普段からなれている私たちはなんとも思っていなかったのですが社会人になると社内や取引先の人との会話が辛いようでした。

つらい原因はやはり周りから馬鹿にされるのが一番ではないでしょうか。上司や同僚からは馬鹿にされ、次第に自信を失ってしまう。そのうち、電話をとるのも怖くなって、人と会うのも恐怖、外に出るのも億劫になり、ますます人間関係が悪化してしまう。

こういった悪循環に陥っている人は少なくないと思います。 言語聴覚士という方がいます。この資格は言語に障害を持つ人たちに対して訓練や指導をするものです。

言葉、発生など、吃音の方に対しても効果的な指導をしてくれます。

言語聴覚士が教えてくれる吃音改善の方法が早坂菊子先生のどもり改善術なのです。


言語聴覚士の早坂先生が開発した方法です。悩んでいる方はご覧になってください。参考になると思います。


言葉が上手く出てこない
言葉が上手く出てこないのはなにもぼけたからではなくて、人前でどもってしまう症状の事です。

一般的に吃音症とも呼ばれていて、悩んでいる方は結構居るんです。吃音で悩んでいる人は、電話で上手く話せない、人前で上手く喋れない、言葉が途切れてしまい次の一言が口から出てこない。等の症状があります。

焦ればあせるほど、症状はひどくなり、仕事にも差し障りが出てしまうことも。

医学的にははっきりとは原因が解明されておらず、従って特効薬のようなものもありません。

そんななか吃音症のクリニックをやっている方がいます。早坂先生というのですが。

早坂先生が自宅でも出来るプログラムを紹介していますので興味のある方は早坂菊子先生のサイトをご覧になってみて下さい。




人と会うのが怖くなっている方。会社のプレゼンでいつも失敗している方。自分は吃音なので異性とは縁がないと思っている方。

諦めるのは早いです。吃りの苦しみから開放されれば気分も晴れやかに過ごせるはずです。



お役立ちリンク
むくみ 解消